遺言書の種類には「自筆遺言書」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」などがあります。

また遺言書が見つかっても、すぐに開封してはいけません。遺言書がある場合には、家庭裁判所で遺言書の「検認」という手続きを受けなくてはなりません。

勝手に遺言書を開封したりしても遺言書自体が無効になるわけではありませんが、5万円以下の過料の処せられます

更に遺言を見る。

相談お申し込み