秘密証書遺言とは読んで字のごとく遺言内容を秘密にできます。

誰にどの財産を譲りたいかを明記します。
ワープロ・パソコンでも構いませんし代筆でも大丈夫。

作成年月日もいりません。

とここまでは良い事ばかりですが、商人2人と公証役場へ出向かなければなりませんし、内容に不備があれば無効になる可能性があります。

手数料の11,000円もかかります。