遺言書の偽造を防止するために家庭裁判所が検認を行います。
 
公正証書遺言以外の遺言書は、必ず検認手続をしなければなりません。

例えば株・預貯金・車・不動産の登記などは、検認済みの遺言書でないと手続できません。


勝手に遺言書を開封したりしても遺言書自体が無効になるわけではありませんが、5万円以下の過料の処せられます。