財産があると例え身内であっても揉めに揉めます。

そこで遺言書は必ず書いておくべきこと。

それを公正証書遺言で書くようにしましょう。

例えば「愛人の子供」にも財産を譲る場合、財産をどこか施設に寄付、再婚して前の結婚の時にいる子供にも財産を譲りたい・・・遺言書がないと大きなトラブルがおきます。