相続の際にトラブルになりやすいのが遺留分の減殺請求。
これは被相続人が遺言によってすべてを他の第三者にすべて譲る!とあった場合
家族には一銭も入らなくなってしまいます。

しかし最低限度の相続財産を得る権利が保障されています。

そこで相続分(遺留分)を侵した相手に対し1年以内に請求を行います。


*遺留分の割合
兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、左の額を受ける。

1.直系尊属のみが相続人であるときは、被相続人の財産の3分の1
2.その他の場合には、被相続人の財産の2分の1

このページの上に