被相続人の死亡が確認された場合、所有していた不動産・預貯金・現金などのプラスの財産だけでなく、借金・損害賠償といったマイナスの財産も相続の対象になります。

このため民法では相続放棄という制度があります。
プラスの財産はもちろんマイナスの財産もすべて放棄するものです。

しかし実際問題プラスが多いかマイナスが多いかなかなか判断しずらい場合、プラスの財産の範囲でマイナスの債務を引き受ける限定承認という方法があります。

またプラスもマイナスもすべて引き受ける単純承認があります。
3ヶ月以内に相続放棄・限定承認もしなかった場合は、単純承認したことになりますので、くれぐれも3ヶ月という期日は守ってください。

このページの上に