「3000万円控除」という言葉をお聞きになったことがあると思います。
不動産を売却した場合は譲渡所得といって税金が課されます。
所得税と住民税が課され、所得税15%+住民税5%の合計20%です。
これを、マイホームの売却に限りその所有期間や買換えの有無にかかわらずこの適用をうければ、その譲渡益から3000万円を控除できる制度です。
ただし、このマイホームを売ったときの特例は、次のような家屋には適用されません。

(1) この特例を受けることだけを目的として入居したと認められる家屋

(2) 居住用家屋を新築する期間中だけ仮住まいとして使った家屋、その他一時的な目的で入居したと認められる家屋

(3) 別荘などのように主として趣味、娯楽又は保養のために所有する家屋