故人が生前所得があった場合。

事業を行っていたり、不動産収入があった。
また会社員として働いていたが、勤務先の会社が会社側が死亡時点での年末調整を行わなかった・・・

このような場合、相続人は相続の開始日から4ヵ月以内に準確定申告書を税務署に提出し、所定の所得税を納付しなければなりません。

申告の義務はありませんが多額の医療費の還付を受けられる場合は、この準確定申告を行わなければ損をします。

このページのトップへ