相続にはプラスの財産とマイナス(借金等)の財産があります。

せっかく相続しても借金の方が多ければ相続する意味がありません。

そこでプラス財産からマイナス財産を引き算します。
これは相続財産の範囲内で借金を清算する方法で、余ったら相続するし、マイナスであればそれ以上の負債は返済しなくてもいいものです。

これを「限定承認」といいます。

このページのトップへ