現金や預金は亡くなった時点での残高がそのまま評価額となります。
この場合、預金通帳や残高証明書等で実際の現預金が確認できるので、この点において違和感はないと思います。
しかし、仮に、ご主人の相続が発生したとします。その時に奥様の名義の預貯金が問題になるケースがあります。
奥様が自身に収入があって、それを蓄えていたことや贈与や相続の申告によりその蓄えが立証される場合は問題ありません。ところが、奥様が長年専業主婦であった場合等その預貯金が奥様のものと証明が出来ない場合は、それはご主人が奥様の名義を借りて預金していたご主人の相続財産ではないか?と見られてしまうケースがあります。
これは、奥様の場合だけではなく、子供さん、お孫さんの場合にも言えることです。
収入のないお子様名義の預貯金はご主人の相続財産となります。

株式や国債等の有価証券ではどうでしょうか?
これらももちろん同様の考え方です。
将来に備えて奥様の名義で有価証券を購入しておこうとか、子供の成長に合わせて子供の名義で預貯金を貯めておこうとすることは親として素晴らしいことです。このことは何ら問題ありませんが、相続税の申告においては、これらはご主人の財産として申告する必要があります。
いわゆる、金融資産の名義は生前からきちんと整理しておかなければ、相続税の申告の際にトラブルの原因となります。