贈与税とは個人から現金・不動産をもらったときにかかる税金です。


●生命保険の保険料を自分が負担していない、出していない場合、もしくは債務の免除などにより利益を受けた場合などは贈与税がかかってきます。

ただし、死亡した人があなたのために生命保険に入っていた場合、保険料を支払っていた場合の時は、生命保険金を受け取るのは、贈与税でなく相続税の対象となります。

贈与税がかからない場合はこちら。

贈与税の速算表を見る

相続時精算課税制度を見る