贈与者は65歳以上の親、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子(子が亡くなっているときには20歳以上の孫を含みます。)とされています(年齢は贈与の年の1月1日現在のもの)。

贈与される財産の種類、金額、贈与回数に制限はありません。

相談お申し込み
このページのトップへ