納税者本人の配偶者が下記4つの条件をクリアしていれば金額の所得控除が受けられます。

これを配偶者控除といいます。

1.納税者本人と、生計を同じくする配偶者。
2.法律上、正式の配偶者であることが必要で、愛人や内縁関係の人は対象外。
3.年間の合計所得金額が38万円以下。
4.青色申告者の事業専従者で、給与を受け取っていないこと。
  または、白色申告者の事業専従者でないこと。


このページのトップへ