相続財産目当てに犯罪をしたり、遺言書を偽造する人はこの犯罪が立件された時点で相続する資格を失います。

これを「相続欠格」といいます。

このページのトップへ