法定相続人となった時、相続する財産より借金があまりに多い場合、相続争いに巻き込まれたくない場合は相続を放棄できます。


■相続放棄の手続き
相続放棄は各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければならず、家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となります。

■受け継ぐ場合
債務が多くても、単純承認をしたり、限定承認をして債務を返済していくことも可能です。


このページのトップへ