相続欠格や相続廃除されたり、相続人の権利がある方が相続開始前に死亡した。

このように相続権を失ったとき、その「相続の権利がある人」に子供がいればその子が代わって相続することを認めています。

これを代襲相続権といいます。

このページのトップへ