相続財産を相続人が相続分で分割します。

そして相続した相続税の総額を、実際に財産をもらった人の課税価格に応じて割り振って、財産をもらった人ごとの税額を計算します。

税額控除・加算がある場合は、調整して「納付税額」を求めます。