万が一、金融機関から信用保証協会の保証付き融資を
受けていて返済できない場合、
信用保証協会は借りた人の債務を肩代わりして、
金融機関に返済をします。

これを代位弁済といいます。

しかし、これにより借りた人は債務がなくなるわけではなく、
金融機関からの債務が信用保証協会からの債務に代わるだけです。

信用保証協会は公的な機関なので、その資金源は主に税金です。
ということは、簡単にその債務を減額したり免除することはできません。
また、今後しばらくは融資を受けることが難しくなります。