融資のご相談をお受けしています。


「銀行を動かす事業計画書の書き方」

「銀行交渉のノウハウ」

「提出書類の作成のポイント」


事前のご予約をお願いいたします。

0120-733-184



以前の銀行取引は、担保と保証人が重要でした。
最近の銀行融資の傾向は、少し変化しています。

日本政策金融公庫にしても銀行にしても、
貸す側に共通して言えることは、
お金は貸したいのです。
しかし、貸せる会社が少ないのです。


また、借りる側もきちんと返済の意思はあります。
ビジネスに対しても真剣に取り組んでいます。
また、今後も同じです。
しかし、説明が不十分なのです。


ポイントは、事業計画書と人間力です。

日本政策金融公庫の申込書類でも、
簡単な事業計画の様なものを記載する欄があります。

これを埋めるだけでも結構大変なのですが、
これはどの社長さんも同じだと思います。


だからです。


だから、ここがポイントなのです。



ここに記載するだけでは融資担当者を納得させることはできません。

この10倍は書いてください。

例えば、創業に関する融資を希望するのであれば、
「創業の動機」
「現状の経営環境」
「事業の経験」
「セールスポイント」
「リスク管理」
「社会貢献」
「今後の方向性」等・・・。

これらを社長の言葉と数字を使って資料を提出することが大切です。


そして、社長の気持ち・思い入れを説明し、
伝え、共感してもらえる人間力が
ポイントになります。


具体的なやり方はそれぞれの会社によって異なります。

事業計画書作成から提出書類のアドバイス、
銀行のご紹介も行っております。

0120-733-148

お気軽にお電話下さい。

担当:星野 城