融資の必要書類を整理します。

基本的には日本政策金融公庫も制度融資も提出する書類は同じと思います。

つまり、両者とも融資を申し込みにあたり、基本的な企業の状況や
融資に係る制度的な基本条件がありますのでそれに関連する資料を提出します。

具体的には、
・借入申込書
・法人の場合は履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
・直近の2期分の法人税申告書、決算書及び勘定科目を明細書
・納税証明書(創業融資の場合で、証明証が出ない場合は除きます)
・見積書(設備資金の融資の申し込みの場合)
・創業計画書(新たに事業を開始する場合や事業開始後、間もない場合)
・事業計画書(創業以外に運転資金や設備資金の融資を申し込む場合)

等があります。

その他によく求められる書類には、
・最近の試算表(決算後、概ね6カ月以上経過している場合等)
・担保を提供する場合にはその不動産の登記簿謄本
・印鑑証明書(融資が決定した場合には、法人も個人の場合も必要です)
・自己資金がある場合、その証明書類
 等を求められることがあります。

融資を受けるためには、まずは自分を知ってもらうことが重要です。
そのための書類は多くて構いません。
上記の書類を提出すればいいのではなく、
自分を知ってもらうための書類は
作成方法・表現方法を工夫した上で追加してください。

文責:城 行永