例えば親から引継いだ遺産の中に土地があって、それを売地として不動産業者に
売買を依頼していたとします。
そうするとハウスメーカーなどは情報を得て、「土地を既にお持ちなら
アパートを建てませんか?」と自宅にやってくるわけです。
度々訪問しては「土地を遊ばせておくよりは不動産投資をしませんか?」とか
「相続対策として不動産を持つといいですよ」という誘い文句を言いますね。
もちろんこのようなことをしても問題ないor積極的に検討していい財産家はいます。

しかし営業マンは土地持ちなら誰彼構わず上記のような勧誘をするので
本当にアパートを建ててオトクかどうかは個人の経済事情を慎重に考える必要があります。
つまりそもそも多額の遺産を残す可能性があるわけでもないのに
老後に多額の借金だけが残る・・・という結果にならないようにしないと
意味がありません。
多くの場合の上記の”対策”には銀行借入をして債務をかかえることに意味があります。

土地だけあっても課税される財産としてはプラスの財産だけですが、
借入をして貸アパートを建てると、同時にマイナスの財産(債務)を持つことになるので
プラスとマイナスとが相殺されて課税される財産が少なくなるという効果があるのです。
もちろんアパートの敷地である土地についても貸土地としてかなり評価が低くなります。


要は”対策”をすべき資産家なのか?が大きなポイントかと思います。