以下、国税庁HPより

広大地とは、その地域における標準的な宅地の地積に比べて著しく地積が広大な宅地で、
都市計画法第4条第12項に規定する開発行為を行うとした場合に
公共公益的施設用地の負担が必要と認められるものをいいます。
ただし、大規模工場用地に該当するもの及び中高層の集合住宅等の敷地用地に適しているものは
除きます。

(注)

1 都市計画法第4条第12項に規定する開発行為とは、主として建築物の建築又は
特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいいます。

2 公共公益的施設用地とは、道路、公園等の公共施設及び教育施設、
医療施設等の公益的施設の用に供される土地をいいます。

3 大規模工場用地とは、財産評価基本通達22-2に定める土地をいいます。

4 広大地は、戸建住宅分譲用地として開発され、道路等の公共公益的施設用地が生じる
宅地を前提としていますが、その宅地について、経済的に最も合理的であると認められる
開発行為が中高層の集合住宅等を建築することを目的とするものであると認められるものは、
いわゆるマンション適地として広大地に該当しないものとされています。

文責:山口