医療費控除、名前はよく聞くけど
税金が安くなるんだよね?税金が戻ってくるんだっけ?
実際には何をすればいいんですか?

というお話をよく聞きます。


その年の医療費(家族全員のものを合算できます)が10万円以上になった場合は、
税金が安くなったり、または納めた税金が戻ってきたりします。

◆毎年確定申告をされている方は、
  確定申告時に医療費控除の申告を一緒にします。
  確定申告のときに医療費の領収書もご準備ください。

◆年末調整を受けているサラリーマンの方は、
  年末調整済みの源泉徴収票と医療費の領収証を持って
  税務署に確定申告の手続きに行きます。


この場合の医療費とは、病院代、薬代だけでなく、
通院のための交通費、出産費用、薬局で買った治療のための風邪薬代、
寝たきりの人のおむつ代などもその対象となります。

通院のための交通費などは家計簿などに記録をすれば認められますが
健康保険組合などから送られてくる「医療費のお知らせ」は、
領収書の代わりにはなりませんのでご注意ください。

控除の対象となる医療費ですが、
・人間ドックの費用は認められない。
 しかしその診断の結果により治療を受けた場合はその人間ドックの費用も認められる、
・歯医者へのタクシー代は認められない、
・通院のために車を利用した場合のガソリン代も認められないが
 出産時の入退院のタクシー代は認められる、
などとその判断が難しい場合もあります。


「えっ?去年たくさん医療費を使ったのに何も申告しなかった・・・」
という方、まだ還付のチャンスはあります。

サラリーマンの方など確定申告書の提出の義務のない方の還付申告は
確定申告の時期を過ぎても5年間はできますのでご安心ください。
(還付申告書は確定申告期間とは関係なく提出できます)


年末調整や確定申告のこの時期は、日頃はあまり触れることのない税金に
直面する時期でもあります。
これはどうすればいいの?何が必要なの?
いろいろと疑問があると思います。不明な点はどうぞご相談ください。

文責:原沢 由美