こんにちは!

この度のご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。

さて、前回はクイズ形式でお送りましたが、

私の伝えたかったことはクイズではありません。

まず、前回の復習をしましょう。


@保険料負担者=死亡保険金受取人⇒所得税


A保険料負担者=被保険者⇒そうぞくぜい



でしたね?

それではこの判例をご覧ください。


「長男の死亡に伴い父親が受け取った保険金は、被保険者である長男が負担した保険料に係るものであるから、みなしそうぞく財産に該当するとした事例
裁決事例集 No.37 - 65頁

 税法上、保険金受取人の取得した保険金が、一時所得として所得税の課税対象となるのか、そうぞく財産とみなされてそうぞく税の課税対象となるのかは、その保険金に対応する保険料の負担者が何人であるかによって判定されるべきものであり、その保険料負担者とは単に保険契約者をいうのではなく、実質上の負担者をいうものと解されるところ、長男の死亡に伴い父親(請求人)が受け取った本件生命保険金は、長男を被保険者とし、父親を保険契約者及び保険金受取人とする生命保険契約に基づくものではあるが、その保険料は、親せきなどから被保険者である長男に贈られた就職祝金をもって長男が全額負担したものと認めるのが相当であり、そうぞく税法第3条第1項に規定するそうぞく財産とみなされる場合に当該するというべきであるから、一時所得に当たるとした原処分はその全部を取り消すべきである。」


私の言いたかったことが皆さんに伝わったことと思います。


ではまた。



文責:星里予