損害保険契約については保険の種類に応じて下記のように取扱いが異なります。

1. 傷害保険・・・・みなし財産
2. 長期総合保険・・・ 同 上
3. 積立ファミリー交通傷害保険(死亡保険金)・・・ 同 上
4. 無保険車傷害保険契約・・・対象外
5. 搭乗者保険等で損害賠償金に充てられることが明らかなもの・・対象外
6. 搭乗者保険等で上記以外のもの・・・みなし財産
7. 生前に給付を受けるべき傷害保険等の未収分(死亡を伴わないもの)
  ・・・本来の財産

ちなみに上記7については本来の財産として遺産分割協議の対象となりますが
1〜3と6のみなし財産については、受取人固有の財産として
遺産分割協議の対象にはなりません。


文責:山口多恵子