飲食店関係は年末年始に忙しくなる業種のひとつです。

それを見込んで、今月中に開業しようという方もいらっしゃるようです。

「まずは個人事業として始めてみて、売上の様子をみてから法人成りしようと
  考えている知り合いがいるんだけど・・・」
とご紹介をいただき、開店間際のお店にお話に行ってきました。

「個人事業だから、今開業して申告は3月15日まででいいですよね?」
とお考えだったようですが、個人事業を始めるかたは、
ぜひ「青色申告」の届出を忘れずしてください、とお願いしてきました。

実際には、税務署への届出としては
 ・個人事業の開廃業等届出書
 ・所得税の青色申告承認申請書
 ・所得税のたな卸資産の評価方法の届出書
 ・所得税の減価償却資産の償却方法の届出書
 ・給与支払事務所等の開設届出書
 ・源泉所得税の特例の承認に関する申請書
などなど、多くのものが必要です。

直接に納税額を減らす効果のある「青色申告」の届出は
事業を開始した日から2か月以内がその提出期限であり、
これを過ぎてから提出した場合、開業1期目が白色申告になってしまいますので
「まずこれを忘れずに出してください」とお話しています。

青色申告制度というのは
ちゃんと帳簿をつけて申告納税することを義務づけるかわりに
税務上の特典を与えましょうという制度です。

青色申告を行えば、
最大で65万円の控除が認められているほか、
赤字の繰越ができたり、家族への給与の支払いが認められたりします。

開業時のご相談も承っております。

文責:原沢 由美