年末調整の時期になってきました。
会社から書類の提出の催促を受けている人も多いのではないでしょうか?

よくある質問が、配偶者特別控除申告書の部分の書き方です。
奥さまの収入を書き込む欄です。

ここを記入する上で多い思い違いが、「収入」と「所得」のようです。
一般的には収入と所得は同じような意味で使われますが
税金の計算上はこの二つは異なる意味で使われます。

「収入」からその収入を得るために必要な経費を引いた後の金額が
「所得」と呼ばれます。

つまり、収入 − 必要経費 = 所得 です。

いわゆる「扶養の範囲内で働く」という場合の
103万円以下という金額は「収入」を指します。
そこから103万円に対する必要経費65万円を引いた38万円が所得の金額です。

「控除対象配偶者」と呼ばれる人は(扶養の範囲と言われる人)
この所得が38万円以下の人を指します。

日常使っている言葉と、税務で使う言葉が違うためわかりにくいなあ、
と思いながら毎年この説明をしています。

文責:原沢由美