今年度最後の給与が間近となってきました。
年末調整で少しくらいは税金が戻ってくるかなあと期待も膨らみますが、
さて、奥さんが扶養かどうか、もしくは子供が扶養家族かどうか、
の基準となるのはいつの日でしょうか?

年末調整は、その年の最後に給与を支払うときに行いますので、
扶養控除や配偶者控除は、最後の給与を支払う日の状況で判断しますが、 
所得税法では、その年の12月31日の状況で扶養親族などの判定を行うことになっています。

したがって、最後の給与の後に子供が生まれた場合には扶養親族の人数が異動するので
年末調整した税額とその人が納めるべき税額とは違ってきます。
そういう場合には、年末調整のやり直しをすることができます。

年末調整のやり直しを行うときには、その年分の源泉徴収票を作成・交付するまでに
異動のあった人から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の提出してもらいます。

なお、年末調整のやり直しをしない場合には、異動のあった本人が、
確定申告によって所得税の還付を受けることができます。

一方、子供が結婚などをして、扶養親族などの数が減る場合があります。
この場合も年末調整をやり直して不足している税額を徴収することになっています。


文責:原沢由美