医療費が10万円以上かかったら、医療費控除が使えると
記憶している人が多いと思いますが、
所得が少ない人はもっと少額でも医療費控除が使えます。

国税庁のHPには、【医療費控除の対象となる金額】として、

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
   (実際に支払った医療費の合計額−(1)の金額)−(2)の金額
 (1) 保険金などで補てんされる金額
    (例)生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで
       支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

  (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を
    限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても
    他の医療費からは差し引きません。

 (2) 10万円
   (注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額


支払った金額が10万円以下であっても、その金額が自分の所得の5%以上であれば
医療費控除の対象となります。

10万円にちょっと届かないという方は、もう一度会社でもらった源泉徴収票の
所得金額の%と医療費の合計を確認してみるといいでしょう。

文責:原沢 由美