歯医者などは行きつけのところがあってなかなか変えたりしないものですが、
引越をして歯医者が遠くなった場合、
そこまでの交通費は医療費控除の対象となる医療費と認められるのでしょうか?

この場合の交通費が異常なものでなければ、認められます。
常識の範囲内での交通費であれば、通常の通院のための通院費として控除の対象となりますが、
新幹線を使って通うほどの距離であるなど、常識の範囲を超えると思われるものは控除の対象とはなりません。

通院費については、国税庁のホームページに以下のように記載されています。

通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。
通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価ですから、
自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。



「人的役務の提供の対価」というのは、
人を運ぶことを仕事としている人や会社等に対して払った費用ということで、
電車、バスなど公的機関や緊急時のタクシーなどを指します。
よって、自家用車を使っての通院にかかった費用はその対象となりません。

文責:原沢由美