Q 相続・遺贈または贈与により取得した不動産の取得費・取得時期は?

A 原則として前所有者の取得費を引継ぎます。
 同じく取得時期も原則として前所有者の取得時期を引継ぎます。
 この他、収用の買換え特例や固定資産の交換の特例等の税金の特例を使って取得した場合には
 前の資産の取得価格を引継ぐという規定もあります。

 この場合、購入時の契約書等を紛失してしまい購入価額が不明な場合には、原則として
 概算取得費(「譲渡収入金額 × 5%」)によることになります。
 ただし、契約書・領収書等以外で実際の購入価額を証明できるものがある場合には、
 実額によって計算することができます。次のような証明書類をできるだけ用意して、
 購入時の状況説明と契約書類等の紛失理由を書いた「申述書」を確定申告書に添付します。
 税務署にその内容に信憑性があると認められるとその申告は認められます。


文責:山口多恵子