父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築
若しくは取得又は増改築等のための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を取得した
場合において、一定の要件を満たすときは、500 万円までの金額について贈与税が非課税と
されていました(以下「旧非課税制度」といいます。)。
この制度は改正され、平成22 年1月1日から平成23 年12 月31 日までの間に直系尊属から
贈与を受けた住宅取得等資金については、その住宅取得等資金のうち、原則として、平成22 年の
贈与についてこの制度の適用を受ける人は1,500 万円までの金額、平成23 年の贈与について
この制度の適用を受ける人は1,000 万円までの金額について、贈与税が非課税となります
(以下、改正後のこの制度を「新非課税制度」といいます。)。

以上国税庁HPより抜粋

<文責:山口多恵子>