不動産所得の確定申告において、空家となっていた建物の必要経費は
いつでも賃貸できる状態に維持管理されており、かつ、入居者の募集
行うなど業務を継続している事実が客観的に証明できる場合には
減価償却資産としてその償却費を必要経費に算入することができます。

またこの場合の減価償却費は期間按分することなく、全額を必要経費に計上できます。
このほかにも不動産会社への管理手数料や固定資産税、維持管理に要した
修繕費や火災保険料なども必要経費として考えられますね。


文責:山口多恵子