相続税の基礎控除が下げられるようですね。そうなると生前に財産の贈与がされるようになるのでしょうね。というのも将来を見越して相続税の課税対象からはずすという意味で贈与という手段があるからです。しかしながら贈与税の税率は相続税よりも高く設定されていますから、安易な贈与はかえって納税を増やすことにもなりかねません。ちなみに、贈与税にも基礎控除がありますから、うまく利用すれば節税することが可能です。

 贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。
 続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。
 次に、その残りの金額に税率を乗じて税額を計算します。
 
このように毎年110万の基礎控除が認められていますからこれを利用して相続税の課税対象からはずしていこうとするものです。

文責:今村 泰之