そろそろ3月決算法人は年間売上や利益並びに納税の予測などしている頃ではないでしょうか。
消費税の申告をする際には、計算方法が昨年度とは大きく変わった点があるのでご注意ください。

というのも、いわゆる「95%ルール」の適用要件が見直されたからです。

それは、当課税期間の課税売上高が5億円を超える場合には、個別対応方式又は一括比例配分方式のいずれかの方法により仕入控除税額の計算を行うこととされたというものです。

前期や、前々期ではなく「当期の」課税売上高で判定をするので課税売上高が5億円近辺の会社は
今から95%ルールの適用がないものとして準備をしておかないと大変なことになりますよ。

【適用開始時期】
 平成24年4月1日以後に開始する課税期間から適用されます。

文責:今村 泰之